エロ漫画考察サイト

【発情女子寮ハーレム】 ① 次々と起こるラッキースケベがたまらない♪

time 2016/12/03

【発情女子寮ハーレム】 ① 次々と起こるラッキースケベがたまらない♪

無料試し読みはこちら

↓↓↓ タップ ↓↓↓

【コミなび純稿】発情女子寮ハーレムver1
主人公は高木俊介(高1)

 

 

エステティシャン養成学校に入り、寮生活が始まろうとしていました。

 

 

さっそく地図を見ながら寮を目指して歩いていると、美女二人とぶつかってしまいます。

 

 

ぶつかった二人は

 

 

真壁明日香・・・茶髪で活発な雰囲気の女性

 

佐瀬川凛・・・黒髪ロングで巨乳の大人しい雰囲気の女性

 

 

そしてさっそくラッキースケベが(笑)

 

 

ぶつかった拍子で、明日香の股の下に顔が。

 

 

手は凛のおっぱいばっちり当たってしまいます。

 

 

しかもクンクンと股の匂いも嗅いでしまう高木(笑)

 

 

明日香にボコボコにされます。

 

 

この時の二人の恥ずかしがる表情がたまりません!!

 

 

無料試し読みはこちら

↓↓↓ タップ ↓↓↓

 

【コミなび純稿】発情女子寮ハーレムver1

 

 

色々ありましたが、無事女子寮に到着。

 

 

美女二人とはここで別れます。

 

 

・・・が!!!

 

 

なんと高木の地図にも女子寮の案内が。

 

 

実はこのエステティシャン養成学校に男子は高木一人。

 

 

高木一人の為に寮は用意できなかったので、女子寮に住むことになっていたのです。

 

 

なんとうらやましい(笑)

 

 

そして、案内された部屋は物置

 

 

放置されたガラクタの片づけから始めます。

 

 

片づけが終わると、壁にハートのシールが貼ってあることに気づきます。

 

 

おもむろに剥がしてみると、そこには小さな穴が開いていました。

 

 

しかも、隣の部屋が丸見え

 

 

覗いてみると、さっきぶつかった明日香オ〇ニー中

 

 

チュクチュクといやらしい音を立てて、乳首もビンビンに立っています。
【コミなび純稿】発情女子寮ハーレムver1

 

見られているとは知らず、明日香はオ〇ニーを続けます。

 

 

左手でオ〇コをいじりながら、今にもイキそうです。

 

 

しかし、高木からはぬいぐるみが邪魔でオ〇コがあと少しで見えません。

 

 

思わずペンを使ってぬいぐるみを動かす高木ですが、

 

 

ここでぬいぐるみが落ちてしまいます。

 

 

びっくりした明日香はオ〇ニーを中断。

 

 

壁の穴にも気づいてしまいます。

 

 

必死に隠す高木ですが、速攻で明日香が部屋に入ってきます。

 

 

隣の部屋に高木がいることに驚く明日香。

 

 

無料試し読みはこちら

↓↓↓ タップ ↓↓↓

 

【コミなび純稿】発情女子寮ハーレムver1

 

「も、もしかして見てたの・・・?」

 

 

背中を壁に当てて穴を隠す高木。

 

 

「そこに覗き穴があるんでしょ・・・勝手に探すわ」

 

 

と言い高木にまたがって壁を探しますが

 

 

明日香の胸が高木の顔に。

 

 

さっきまで明日香のオ〇ニーを見ていた高木のアソコはギンギンに。

 

 

明日香の股間に当たってしまいます。

 

 

「ちょっと・・・やだ・・・」

 

 

明日香に気づかれます。

 

 

「だってさっきのオ〇ニー見ていたから」

 

 

と思わず言ってしまう高木。

 

 

顔を赤くして、恥ずかしがる明日香。

 

 

「私のオ〇ニー見たんなら、高木のも見せてよ」

 

 

「それで平等でしょ」

 

 

という明日香。

 

 

高木はオ〇ニーを明日香の前で始めます。

 

 

思わずキャー」と声を上げる明日香。

 

 

どうやら初めて男のアソコを見た様子。

 

 

ここで高木は

 

 

「胸・・・見せてくれない?その方が集中できるし」

 

 

とお願いします。

 

 

「そ、そんなに言うんなら・・・・いいわよ」

 

 

とまさかのOK

 

 

さっきまでのオ〇ニーで明日香の乳首はビンビン。

 

 

身体も火照ってます。

 

 

いよいよ高木はオ〇ニー始めます。

 

 

ここで高木は更に提案します。

 

 

「あのさ・・・アソコも見せてくれない?」

 

 

ここまでくると明日香もやけくそ。

 

 

「あんまり見ないでよ・・・」

 

 

といいショートパンツを脱ぎ始めます。

 

 

我慢できず高木は明日香のオ〇ンコに指を入れます。

 

 

すでに明日香のオ〇ンコは濡れていました。

 

 

ぬちゅぬちゅといやらしい音を立てて、も出てしまう明日香。

 

 

「ごめんっ」

 

 

といい高木は我慢できずク〇二を始めます。

 

 

「あぁ・・・だめ・・」

 

 

と言いながらも明日香は抵抗しません。

 

 

「俺のも舐めてみる?」

 

 

と言われた明日香は頷き、高木のアソコを咥えます。

 

 

明日香の目がトロッとして、完全にメスの表情に。

 

 

じゅぷじゅぷと音を立てて、二人はお互いのアソコを舐め合います。

 

 

「やべ、俺・・・もうイキそう・・・」

 

 

高木は我慢できず、明日香の口に出します。

 

 

「私・・・も・・・・っ・・ああああ・・・んんんっ!」
明日香もビクっと身体が反応してイッてしまいます。

 

 

「今日のことは何かの間違い・・・私たちだけの秘密だからね!」

 

 

と言い部屋を出る明日香。

 

 

そして、物置から出てくる明日香を目撃するがいるのでした。

 

 

無料試し読みはこちら

↓↓↓ タップ ↓↓↓

【コミなび純稿】発情女子寮ハーレムver1
明日香のツンデレなところが、たまりませんね!

 

 

強気な女性が乱れていく姿はなぜか興奮します。

 

 

これからもどんなラッキースケベが待っているのか・・・

 

 

楽しみですね。

 

 

【コミなび純稿】発情女子寮ハーレムver1

発達女子寮ハーレム 2巻へ

down

コメントする




プロフィール