エロ漫画考察サイト

【終末のハーレム】 ネタバレ 第11話 世界宣言

time 2017/01/31

【終末のハーレム】 ネタバレ 第11話 世界宣言

無料試し読みはこちら

↓↓↓ タップ ↓↓↓

>>まんが王国でセミカラー版を試し読みする<<<


 

怜人は演説で、

 

自分はMKウイルスに抵抗があることと、

 

 

特効薬の開発を進めていることを公表しました。

 

 

先の見えない状況で悲観的になっている女性たちに、

 

希望を捨てないでほしいと演説するのでした。

 

 

その放送を見ている人の中に、フードを被った一人の女性が。

 

 

その首元には見覚えのあるネックレス

 

 

これは怜人が絵理沙に渡したネックレスのように見えます。

 

 

この女性は絵理沙なのか。

 

 

そうすると、周防 = 絵理沙 ではないのでしょうか・・・。

 

 

この謎の女性は、演説を見終えると早々に立ち去ってしまいます。

 

 

 

場面は怜人たちに戻ります。

 

 

外出の許可はもらいましたが、当然、担当官が同行することと、

 

 

他の男性のことは絶対に口外しないように言われました。

 

 

それらの条件をのむ怜人。

 

 

一行は無事交渉を終え、帰宅します。

 

 

怜人は途中車の中で、まひるから電話で怒られます。

 

 

まぁ、難民地区に居づらくなるから、いきなり発表されたら怒る気持ちはわかりますね。

 

 

その頃、UW日本支部ではNo1.2の男について話し合われていました。

 

 

そしてNo3の男をコールドスリープから出すことが決まりました。

 

 

担当官の名前は神谷花蓮(カミヤカレン)

 

 

なにやらNo3の男はメイティング環境を大幅に変えるとのこと。

 

 

そして、上機嫌に支度をする花蓮。

 

 

上半身裸でモニター越しに決めポーズまでする、自信たっぷりの様子です。

 

 

 

 

今回の話で一番気になるのは、やはりフードを被った謎の女性ですね。

 

 

この女性が絵理沙なら、周防は一体何者なのか。

 

 

UW日本支部の会議で、周防を「用意した」という表現が出ていましたが、

 

これはどういう意味なのか。

 

 

ますますわからなくなってきました・・・。

 

 

そして、No3の担当官「花蓮」が出てきましたね。

 

 

この漫画の女性は全員可愛いのですが、花蓮も金髪で活発な女の子と言った感じで非常にカワイイです。

 

 

初登場シーンが上半身裸で、しかもカラー。

 

 

なかなか印象に残る登場シーンでした。

 

 

無料試し読みはこちら

↓↓↓ タップ ↓↓↓

>まんが王国でセミカラー版を試し読みする<<<

終末のハーレム 12話へ

down

コメントする




プロフィール